おもてなしレストラン

おもてなしレストラン

レストランにおけるサービスについて考える

レストラン側が食事を提供するだけでなく、その他のサービスを付けて利用促進を図るというケースを考えることが可能です。というのも、周囲にライバルが存在するときには利用者の奪い合いが発生することからそれに対抗するためです。このとき行われる方策として、料理の料金を安くするという価格の値下げを挙げることが可能です。その際、別にサービスを生み出してそれを利用者に提供するといったこともあります。このとき店がすることの中に、利用者の誕生日を祝うといったものを検討することができます。
レストランが利用者に対して、誕生日に特別なメニューをお手頃な値段で提供をしていくのです。それにプラスして、特別な誕生日ケーキも与えることによって利用者の満足度を高めていきます。
レストラン側は価格を下げるという選択肢以外にも、そこでのみ体験できるサービスの供給を検討できます。ライバルとの競争においては、様々な選択肢を用意しておくということがとても大切になってきます。

どこへ行く?日本のレストランのサービス

日本のレストランのサービスは世界中を見てもかなりレベルが高いと言えます。「言わなくても察する」という文化のなかで生活している私たちは、客の考えることを先回りして行うことに秀でているのでしょう。競争の激しい日本のレストラン業界では、差別化を図るためにサービスもユニークなもの、ここまでしてもらっていいのか?というようなものまで多種多様。ちょっと過剰になっているなと感じることも少なくありません。
逆に客の無理な要求を無理して受けるお店もたくさんあります。金銭的な割引を要求したり、閉店後何時間も居座ることを認めたり、というようなことです。サービスの競争に勝てない店舗はそういった要求も断りづらいという側面があります。
日本のレストランの大きな特徴の一つにチップがない、ということが挙げられます。いくら頑張ってお客さんに喜んでもらおうとしても、自分を犠牲にしては元も子もありません。実際そういうレストランはたくさんあるのです。
皆さんも、なんでも聞いてくれると思って無理な要求していませんか?

おすすめWEBサイト

横浜のオーダーカーテン

最終更新日:2017/8/4